伊藤秀倫10時間前source:週刊文春2020年10月29日号いま全国でクマの襲撃が増えているが、史上最悪といわれる事件が起こったのは昭和45年

Uncategorized

1:2020/11/22(日) 16:32:06.04ID:LFkITWnD9 伊藤 秀倫 10時間前
source : 週刊文春 2020年10月29日号

 いま全国でクマの襲撃が増えているが、史上最悪といわれる事件が起こったのは昭和45年。北海道で若き3人の岳人がヒグマの牙に斃れた。なぜ惨劇は起きたのか。その謎を解く鍵を握る人物が初めて口を開いた。50年前の夏、あの山で「生死の天秤」が揺れていた。

「今でも何かの拍子に思い出すと眠れなくなるんです」

「あのときのことは自分の中で、この50年間、封印してきました」

 自宅のリビングで筆者と向き合った吉田博光氏(87・仮名・以下すべて)は、ぼそりと切り出した。半ば予想していた言葉だったが、はっきりとそう告げられるとやや動転した。それに構わず、吉田氏は続けた。

「今でも何かの拍子に(事件のことを)思い出すと、もういけない。夜も眠れなくなるんです」

 その言葉が何よりも雄弁に50年前に起きた事件の本質を物語っていた。

「日高山脈山岳センター」に展示されている加害グマの剥製(頭部を除く)
https://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/0/9/1500wm/img_099acc2a309d96d9ab3953cc934cf056291089.jpg
この記事の画像(6枚)
https://bunshun.jp/articles/-/41275

異彩を放つ加害グマの異様な執着心と攻撃性

〈クマに襲われ三人不明 ――日高山系縦走の福岡大パーティー〉

 1970年7月28日、北海道新聞に衝撃的な見出しが躍った。リードはこう続く。

【日高山系を縦走中の福岡大学ワンダーフォーゲル部のパーティー五人がクマに襲われた。二十五日午後から二十七日朝まで、逃げる学生たちに執拗につきまとい、次々と鋭いツメを振るってうち三人が行方不明となっているが、身のたけ二メートルという凶暴な大グマだけに、その安否が気づかわれている】

 だが学生たちの家族や関係者の祈りも空しく、事態は最悪の結末を迎える。

〈クマに食い殺されていた 無残 全身にツメ跡〉(1970年7月30日付西日本新聞)

 3人の命を奪ったヒグマは、捜索隊に同行していたハンターたちの一斉射撃により、射殺された――。

 これが昭和・平成を通じて史上最悪のヒグマによる獣害事件として知られる「福岡大学ワンダーフォーゲル部事件」の顛末である。

 悲劇の舞台となった山の名は、「カムイエクウチカウシ山(以下カムエク山)」。アイヌの言葉で、「カムイ(神=熊)」が崖から転がり落ちるところ、という意味があるという。

 数あるクマによる獣害事件の中でも、この事件が異彩を放つのは、加害グマの異様な執着心と攻撃性である。そもそも、この当時、日高山系でヒグマが人を襲うということは、まず考えられなかったという。事件から15年後、当時捜索に加わった地元山岳会のメンバーは、こう証言している。

〈(当時はクマについて)問い合わせがあれば、日高のクマは声を出したり、ラジオを鳴らしたりすれば、逃げると案内を出していましたからね〉(「ヒグマ」18「座談会 福岡大学遭難事件を語る」より)

次のページ 他にもヒグマの襲撃を受けたグループが……明暗を分けたものは?
https://bunshun.jp/articles/-/41275?page=2

created by melloblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました