中央・地方競馬を通じて、騎手としては初めての快挙となる

Uncategorized

1:2020/11/02(月) 12:23:26.45ID:yAlS4q2S9 https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20201102003.html

地方競馬最多勝を更新中の的場文男騎手(64)=大井・フリー=が、令和2年秋の褒章で
黄綬褒章を受章することになった。中央・地方競馬を通じて、騎手としては初めての快挙となる。

黄綬褒章は、農業、商業、工業などの業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有する者に授与される。
1973年のデビュー以来47年間、騎手として競馬の発展に貢献して畜産振興に寄与してきたことが評価された。

的場文男「このたび、このような褒章をいただくことになり、大変うれしく思っています。
長年頑張ってきたご褒美をいただけたのかな、と思っています。これもひとえにファンの皆さまや関係者の
皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。もうひと踏ん張りするので、また競馬場で会いましょう」

騎手として初めて黄綬褒章を受章する的場文男
https://img.news.goo.ne.jp/image_proxy/compress/q_80/picture/dailysports/m_20201102003.jpg

created by melloblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました