康長官はこの日、庁舎を出ながら記者らにこの状況について本人もよく知っており、私も説明しようとした」として「結局、本人が決定して行ったのであり、とにかく申し訳なく思う」と繰り返した

Uncategorized

1:2020/10/08(木) 07:35:26.93ID:gEChY2o/0●
https://pbs.twimg.com/media/EDdtC1lVUAAbB7d.jpg

康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が4日、自身の夫である延世(ヨンセ)大学の
イ・イルビョン名誉教授が秋夕(チュソク、中秋)連休期間だった3日
米国に出国したことに対して申し訳ないと明らかにした。康長官はこの日、
庁舎を出ながら記者らにこの状況について本人もよく知っており、
私も説明しようとした」として「結局、本人が決定して行ったのであり、とにかく申し訳なく思う」と繰り返した。
夫に帰国を求める計画かという質問には「(夫が)長い間計画して先送りしてきたあげくに行ったことなので
帰国を求めることも難しい状況」と答えた。共に民主党の李洛淵(イ・ナギョン)代表もこの日、
記者らに「国民の目で見ると、不適切だったと考える」と遺憾を表明した。
https://toku-log.com/2020/10/07/post-15916/
イ教授は政府が新型肺炎の再拡散を防ぐために秋夕帰省を自粛するようにキャンペーンまで繰り広げ、
外交部は特別旅行注意報(旅行の取り消し・延期勧告)を発令した中でこれを無視して出国して論議を呼んだ。
外交部は3月23日から米国を含む北米全地域に対して特別旅行注意報を発令して
「該当国・地域の旅行計画は取り消し、または延期して下さるよう願う」と国民に勧告している。
しかし、イ教授は3日、出国場で夫人である康長官が旅行に対して「お互いに大人だから
『遊びに行ってはならない』など言ったりはしない」として反対しなかったという趣旨で取材陣に答えた。
これをめぐり、新型肺炎の防疫のために国民の犠牲と参加を訴えて全世界にK防疫の成果を広報する
主務長官が夫の海外旅行は阻止しなかったという批判の声が上がった。

イ教授の今回の米国行きは3日(現地時間)米国ニューヨーク州東北部プラッツバーグにある
長さ15メートルのアルミニウム船体のヨットを12万ドル(約1300万円)で購入するためだった。
船室3個、ツイン・ダブル寝床4個などを備えて長距離航海が可能だ。ヨット購入後、
直ちに高校同窓2人とともに米国東部海岸とカリブ海まで旅行する計画を立てていた。
この日、ヨット売買サイトでは該当ヨットに「販売完了(Sold Listing)」と記されていた。

イ教授は前日、出国場で「公職者の家族として負担にならないのか」という質問に
「私の人生を生きるのに他人にどう思われるかを考えて譲歩する必要があるだろうか。
すべてのことを他人に気を遣いながら生きるわけにはいかないのではないか」と逆ギレした。

これをめぐり、野党・国民の力では「新型肺炎で小商工人と自営業者は死にかけているのに
高官の家族は旅行にヨットまで購入して『ヨーロー(YOLO・You Only Live Once)』を楽しんでいる」
(キム・ウネ報道官)は批判の声が上がってきた。
与党の一部ではカン長官夫婦の行動をめぐる世論が悪化して7日始まる国政監査にも悪影響を与えれば、
去就問題にまで飛び火する可能性を排除できない。

created by melloblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました