増税後の“買い控え対策” 増税前よりお得な商品も(19/10/04)

消費税増税後に最初の土日を控えるなか、販売店では消費の落ち込みを食い止めるべく様々な対策が行われています。なかには増税前よりお得な商品も出てきています。

 価格とにらめっこする増税後の消費者。あっという間に駆け込みから控えめな傾向に・・・。そうしたなか、誕生から50年を記念した大手総合スーパーでは50の数字にちなんだ買い控え対策を開始しています。
 ウィンナーは50グラム増量。ブロッコリーも50グラム増量。オリーブオイルは50%増量などなど、70品目の食料品を増量しています。さらに消費税が10%かかる外食は控える傾向を予想。店が猛プッシュするのが内食です。下ごしらえされた具材を調理するだけで外食気分を味わえます。
 愛知県内の衣料品店では最大68%の割引が登場。その名も「グループ割」です。例えば3人から5人で買い物をすると20%オフ。6人から10人で25%オフ。11人から49人で30%オフ。101人以上であれば、なんと68%オフ。と増えれば増えるほどお得な割引です。現在までに25%オフを実現した団体が9組いたといいます。
 さらに、創業以来初の規模価格改定を行ったのが「洋服の青山」。男性スーツは最大2万円引きで秋冬商戦に挑みます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。