消費落ち込みを食い止める! キャッシュレス決済のポイント還元 どれだけお得? 浸透は… (19/10/02 19:07)

0

消費税の引き上げとともに1日から始まったポイント還元制度。

 札幌市内の弁当店では、早速利用する人の姿が。

 利用客:「現金で買うよりは楽なので、キャッシュレスで買っている。(ポイント還元の)制度がわかりにくいのでもう少しわかりやすくしてほしい」

 クレジットカードや電子マネーなどを使って買い物をすると、最大5パーセントがポイントとして還元され、実質値引きになるという制度です。

 増税後の消費の落ち込みを食い止め、中小企業や小規模店を保護するために全国約50万店舗で導入されました。

 あじ太郎 高野正美社長:「(ポイント還元の)制度が始まる前から、電子マネーを初めて使う客が増えてきた感触」

 こちらの店で1千円分の弁当を買うと持ち帰り専門店なので8パーセントの消費税がかかり1千80円となります。

 クレジットカードや電子マネーなどで支払うと、5パーセントにあたる54円分がポイントとして還元され、実質1千26円になるのです。

 確かにお得な制度なんですが…。

 鎌田祐輔記者:「このお店で2時間取材して12人お客さんが来た中、キャッシュレスで決済したのはわずか1人です。中には制度を知らない女性もいました」

 なぜポイント還元制度を利用しないのか…。現金で支払う人に聞いてみました。

 利用客:「スマホも持っていないし使い慣れていない」「(キャッシュレスは)使えない店がある。現金はどこでも使える」「2~3年、期間があれば考えるが(使えるのは)数か月なので」

 実はこの制度が適用されるのは2020年の6月まで。

 このためにわざわざキャッシュレス決済を始めようとは思わない人も。

 また、高齢者など慣れていない人は使いにくい点もあるといいます。

 そして、導入した店にとってもこんな問題が。

 あじ太郎 高野正美社長:「(決済する会社に)1か所ずつ全部申請しなければならない。1か所は通っているけど通っていないところもある」

 制度の導入のために手間がかかり、運用面で混乱しているのだといいます。

 ポイント還元制度、浸透していくのでしょうか?

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。