タンカー攻撃で石油株↑海運株↓ 日経平均への株価の影響は



きょうの東京株式市場日経平均株価の午前の終値は55円高の2万1,087円でした。マイナスの場面もありましたが、13日のNY株式相場が上昇して引けており、日本株も概ねこじっかりです。中東のホルムズ海峡近くで、石油タンカー2隻が攻撃されたことを受けて、中東情勢に対する警戒感が強まっています。WTI=NY原油先物相場は反発し、ここまでの業種別の騰落ランキングを見てみると、値上がり1位の業種は石油です。出光興産は2.4%高。国際石油開発帝石は1.5%高。JXTGホールディングスは0.9%高です。一方、値下がり1位の業種は海運です。日本郵船は2%安。商船三井は0.5%安。川崎汽船は1.6%安です。日本郵船、川崎汽船は、およそ6年7ヵ月ぶりの安値に沈む場面もありました。#タンカー#攻撃#石油#エネルギー#海運#株価#日経平均#東証#ホルムズ海峡#出光#JXTG#国際石油開発帝石#日本郵船#商船三井#川崎汽船

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。