がん治療に、玄米療法と糖質制限食は危険だ!!「がん治療における食事療法の落とし穴」part II

2019/6/30までの限定公開ーー特別webセミナー視聴のご案内ーー
「標準治療に期待できないから先進医療や代替医療も??・標準治療軽視で陥る、取らぬ狸の皮算用とは」(63分)
視聴希望のかたはここからどうぞ↓↓
https://maroon-ex.jp/fx62350/nowsemin

〜がん治療に、玄米療法と糖質制限食は危険だ!!〜
・痩せ型と肥満型ではどちらが長生きか
・痩せ型と肥満型ではどちらが癌にかかりやすいか?
・玄米療法の理論
・糖質制限食の理論
・理論と動物実験の話は聞き飽きた
・がん患者のサルコペニア
・怖いがんのフレイルサイクル
・がん治療に玄米療法や糖質制限食が危険な理由
・食道がん、胃がん、膵がんに対しては特に危険
・がん悪液質の進行は3つの時期に分かれる
・がん悪液質からの回復は可能か?
・抗がん剤治療は、体重減るほど失敗しやすい
・体型と体重減少が生存期間を決める事が判明した
・希望の新薬が使えるかは、栄養・体力温存次第と知ってますか?
・減塩が無用で、有害である理由
・大腸がん診断後の死亡率を下げる食事療法が遂に証明された!
・あまり知られていない抗酸化成分の過剰摂取問題

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。