スーパーナンペイ強盗殺人事件 有力情報に懸賞金600万円

0

八王子市のスーパーで1995年、アルバイトの女子高生ら3人が射殺された強盗事件が時効を迎えるまで残り1年となり、解決に結びついた情報提供者への懸賞金がこれまでの2倍の最高600万円に引き上げられることになりました。
 これは、警察庁が公的懸賞金300万円の対象事件として情報の受け付けを1年間延長することを決めたことに加えて、防犯協会などの民間の団体で構成する『捜査に協力する会』が新たに懸賞金300万円を出すことになったためです。懸賞金は事件解決の決め手となる有力情報に最大600万円支払われます。
 八王子スーパー強盗殺人事件は1995年7月30日、八王子市大和田町のスーパーナンペイでアル
■■↓全文を見る■■
http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/200907296.html

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。